稲沢市井之口北畑町の歯医者さん 水谷歯科 歯科一般 矯正歯科 インプラント 歯周内科 ホワイトニング ヒアルロン酸注入

水  谷  歯  科

稲沢市井之口北畑町244番地
ホーム > わっは歯通信

わっは歯通信

こんにちは、院長の水谷です。 4月に入り、日に日に春めいてきましたね。 新生活をスタートさせた方は、まだ慣れない環境にとまどっているかもしれません。 体調を崩しやすい今の時期こそ、食生活に気を遣いたいものです。 そこで今回は、食べ物の話をしたいと思います。 春になると、スーパーに山菜や春野菜がズラリと並びますが、「春」がつく食べ物は?と言われて何を思い浮かべますか? 春キャベツ、春菊、春巻きなど、いろいろありますよね。 この他に、細くて白い“あの食材”を思い浮かべた方はいらっしゃいませんか? そう、「春雨(はるさめ)」にも春がつきますよね。 中華料理風のスープに入れたり、お酢のきいた春雨サラダにすることもあります。 しかし、なぜあの食材は「春雨」というのでしょうか? 勘の鋭い方はすでにお気づきでしょうが、あの細くて半透明の見た目が「春の雨」の降る様子に似ているという理由で「春雨」という風流な名前がつけられたそうです。 食材が日本に伝わったのは鎌倉時代なのでかなり昔ですが、このように呼ばれるようになってからの歴史は浅いようです。 また、春に降る雨にはいろんな名前がついていて、「春時雨」「桜雨」「桜時雨」など、実に多種多彩です! ちなみに春の雨のことを指す「春雨」は、「しゅんう」と読むこともあるとか…。 似たような食材が中国や韓国、アジア諸国にあるにもかかわらず、「春雨」という粋な名前がついているのは日本だけだそうですよ。 ちなみに、春雨の発祥の地は中国です。 中国では、「粉絲」と書いて「フェンス―」と呼ばれています。 でんぷん質から作られていますが、製造工程は日本とは異なるそうです。 韓国では、「タンミョン」という食材として知られていて、あえて漢字で表現すると「唐麺」。 タンミョンを使ったチャプチェという韓国料理は、日本でもたまに見かけたりするでしょう。 韓国の春雨は、コシが強めで弾力性があります。 現在は外国の食材を比較的手に入れやすくなったところもありますので、この春はいろんな国の春雨で料理をしてみてはいかがでしょう? その時は、春の野菜も一緒に季節の一品を楽しめたらいいですね。 それでは、今月も旬のものをたくさん食べて元気にお過ごしください。          院長水谷公治


水谷歯科
〒492-8151 愛知県稲沢市井之口北畑町244
0587-23-0100

Copyright (c) Mizutani Dental Clinic All Rights Reserved.